リポジトリから直接debダウンロード

iPhoneのリポジトリから直接Cydiaを使用せずにPCからダウンロードする方法です。


この方法はいたって簡単です。
今回、特別に使用するソフトはありません。
有名なツールで[Cyder2]というWindows用のソフトがありますが
Myrepospace.comが何らかの対策をしたらしく、ソフトを使用してもパッケージが表示されなくなってしまいました
(本来は11個ほどパッケージがあるはずなのですが)
Myrepodeb1
手順を書く前にちょっとリポジトリの仕組みについて書こうと思います。
iPhoneのCydiaで使用できるリポジトリの種類は
aptリポジトリ
(確か)です。パッケージは主にdeb形式、リポジトリを追加し認識からインストールまでの流れを書きますと
リポジトリ追加

リポジトリ内のパッケージの情報と
リポジトリ自体の情報をダウンロード

認識し、一覧に表示

指定したパッケージをダウンロードして
インストール

こういった流れになります
この流れを見て”リポジトリ内のパッケージの情報“というのをPCでダウンロードしてこれれば
debパッケージの情報やファイルが置いてある場所(URL)が分かるのではないか?
そう思う人も出てくるはずです。
まさにその通りです。(サイトによってはいろんな工夫をこなしてダウンロードできないようになっているサイトもあります。)
リポジトリ内のパッケージの情報というとちょっと難しそうなイメージがありますが実はただのテキストです
パッケージについての情報
作成者や容量、debの置いてある場所やキャッシュ等がテキストベースで書かれ、
Packagesという名前で保存されています。
大抵のリポジトリはPackagesをgzやbz2などに圧縮して置いてあります
(大半はPackages.gz)
それではこのパッケージファイルはどこにあるのか?
それは追加するリポジトリのURLのディレクトリに必ずあるはずです。
もし追加するURLが
http://cydia.myrepospace.com/SONY5614/
だったとしたらそのページにPackagesが無いとリポジトリとして認識してくれず
エラーが起きるはずです。
なのでファイルがある場所はURLで言うと
http://cydia.myrepospace.com/SONY5614/Packages.gz
になります
試しに上記URLをクリックしてください
Packages.gzがダウンロードされれば成功です。
解凍、拡張子の無いPackagesファイルがあります。
それをgedit等のテキストエディタで開いてみてください
(改行されないメモ帳などで開くととても見づらいです)
Myrepodeb2
今回はdebパッケージの直接ダウンロードが目的です
黄色い枠で囲ってある
Filename:
に注目しましょう。
./21793.deb
という表記になっています。
これは(今回はTerminal.debをダウンロードします)
Terminal.deb21793.debという名前で追加したURL
~~/SONY5614/の./に保管されていますよ
という意味になります。
つまり、Terminal.debの正式なURLは
http://cydia.myrepospace.com/SONY5614/21793.deb
になります
こちらのURLからTerminalがダウンロードできれば成功です。
このようにCydiaを通さず、専用ツールを使用しなくても
簡単にdebパッケージがダウンロードできることがわかりました。
記事の内容のような方法でもダウンロードできないようにするのが今後の目標ですね
クレグレも悪用はしないでください

One thought on “リポジトリから直接debダウンロード

  1. テキストファイルで開いても、geditで開いても文字化けしてしまいます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。