BackTrack 4 USB インストール

予告通りBackTrack 4のUSB作成です。


今回は16GBのUSBを使用しました。
最低2GBのUSBを用意してください。
まずはisoのイメージをダウンロードしてきてください
過去記事
BackTrackのisoをDVDに焼きます。
この作業はWindowsでもLinuxでもどちらでも構いません。
そしてLinux(Ubuntu)を起動
USBのパーティションを切ります。
使用するソフトはGPartedです。
ない場合は端末から
$ sudo apt-get install gparted
と打ってインストールしてください。
PCにUSBを差しデスクトップにUSBアイコンが表示されされます。
“右クリック”の”アンマウント”で消してください。
usbumount
システム->システム管理->GParted
から起動
右上の/dev/sd○をクリックしてUSBのデバイスIDに変えてください。
GPartedusb1
USB内のシステムファイル等を”右クリック”の”削除”ですべて削除しクリアにしたら上のチェックマークをクリック
適応させてください。
GPartedusb2
クリアにしたら”右クリック”の”新規(N)”
先頭のパーティションを
容量:約1.6GB
システムファイル:fat32
ラベル:BackTrack(←自由に変更可)

として作成してください。
GPartedusb3
そして後ろのスペースを
容量:残り全部
システムファイル:ext3
ラベル:casper-rw

として作成してください。
GPartedusb4
その後、上のチェックボタンで適応
システムファイルext3の作成は少し時間がかかります。(長くても2~3分)
これでUSBの準備は完了です。
いよいよBackTrackをUSBに入れてインストールしていきます。
USBを抜き、もう一度差し込む
パーティションを切ったので自動で2つファイルが開かれると思います。
BackTrackとcasper-rw
先ほど作成した(焼いた)BackTrackのDVDをPCにセット
DVD内のフォルダが自動で開くので
中身のファイル4つ、すべてをUSBの先頭パーティション
BackTrackにコピーしてください。

bt4usb2
コピー終了後、menu.lstを編集して設定保存可能なものにします。
USBのBackTrackを開き
/boot/grub/menu.lstをgeditテキストエディタで開きます。
12,16,20行目のnopersistentpersistentに変更します。
(最初のnoを消すだけです)
bt4usb3
上書き保存をして終了
これですべての準備が終わりました。
あとはUSBにgrubをインストールするだけです。
BackTrackのDVDからPCを起動させてください(DVD Boot)
grubのメニュー画面がでるので一番上のEnter
BT4grub
起動後、自動でログインされますがX-Windowまで行きません。
なので
root@bt:~#
という画面になったら
startx
と入力します。
BT4login
デスクトップが立ち上がったら左下のターミナルをクリック
Linuxと同じような端末がでてきます。
USBを差し込み端末で以下のコマンドを実行してください
dmesg | grep sd
↑USBのデバイスIDを調べます。
mkdir /mnt/sd○1
mount /dev/sd○1 /mnt/sd○1
grub-install –no-floppy –recheck –root-directory=/mnt/sd○1 /dev/sd○

例:
もしデバイスIDがsdcだったとしたら(私はsdcだったので)
mkdir /mnt/sdc1
mount /dev/sdca /mnt/sdc1
grub-install –no-floppy –recheck –root-directory=/mnt/sdc1 /dev/sdc

となります。
これでUSBにgrubのインストールが完了しました。
ターミナルから
reboot
とコマンドをうち再起動してみてください。(USBを差しっ放し)
startxとコマンドを打ったときと同じような画面になるのでEnterと表示されたらEnterキーを押してください
その後DVDを取り出してUSBから起動させてみてください。
##BackTrackはシャットダウン後自動でディスクを排出してくれません
逆に言えばUbuntuなどのLiveCDは安全のため終了後、勝手にディスクのトレイが開いてしまいます。
○○OSなどのisoをUSBにしたとき自動で開いてしまうので嫌だった
ということがBackTrackではありません。
##BackTrackは終了はコマンドで行います。
左下のメニューバーを見るとわかりますがLogoutしかありません。
終了するにはターミナルから
shutdown -h now

poweroff
で終了できます。(↑poweroffで出来たかは覚えてません)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。