BackTrack 5 KDE 日本語化

前回の記事からかなり時間が経ちましたが今回は日本語化する方法です。

BackTrack 5をUSBもしくはHDDへインストール
フルインストールはUbuntuと同じ方法です。過去記事

BackTrack 5 KDEを起動
ネットワーク接続後、ターミナルを起動し以下のコマンドで
日本語のパッケージをダウンロード、インストールします。

apt-get update
apt-get install language-support-ja
apt-get install kde-l10n-ja

*注意:kde-lのl←はL(エル)の小文字です

インストール後、左下の
メニュー->Utilities->KWrite(Text Editor)を起動

/root/etc/default/localを読み込みます

書き換える

LANG=”ja_JP.UTF-8”

そして再起動します
再起動後、日本語化されていれば成功です。

またメニュー->設定->KDE システム設定から
国と言語でCountry or region:を日本に変更
Languages:にJapaneseを追加して設定、適応させれば完成です。

ちなみにですが日本語化されたBackTrack 5 KDE版ともにGNOME版のisoは
もうすでに配布されています。
フルインストールをしてしまうと英語に戻ってしまいますが
LiveUSB版なら日本語の維持が可能です。

BackTrack 日本語版

6 thoughts on “BackTrack 5 KDE 日本語化

  1. KDEを日本語化する際にkpersonalizerというアプリケーションが起動
    しないのですが、なくても日本語化できるのでしょうか?

  2. ほげるどまくどなるど

    すいません。BT5をダウンロードしてもツールが入ってなかったんですけど
    なんて入れたら、すべてのBTのハッキングツールが入りますか?

  3. すみませんが返信スグしてください

    最初はちゃんと起動できるのですが、日本語化する手順のあと再起動すると、startxと打つまでに最初の画面でもじが限りなく出てきて止まらずstartxのところまで行きません!

    永遠と文字が続きます!!

    なぜでしょうか?
    故障ですかね?
    あってるんですか?

    • Xwindow起動と同時に設定された言語で読み込みが開始されKDEもしくはGNOMEが立ち上がります
      この時点でエラーが起きたらデフォルトの英語で開始されるはずなのですが無限ループというのは初耳ですね
      Bootメニューでテストモード起動もしくはUSB/CDブートで起動し/root/etc/default/localファイルを
      LANG=”en_US.UTF-8”
      に書き戻してみてください
      日本語のパッケージがしっかりインストールされていないのに言語設定を書き換えてしまったのが原因かと思われます

  4. コピペが出来ないのですがどうしたら出来るようになりますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。