Cydia Template

Cydia Template
WebページをCydia風また、パッケージに埋め込むためのCydia用サイトテンプレートをまとめたので配布したいと思います

■DOWNLOAD

公式でDownloadできるページがなかったのでCydiaからそのままソースをいただきました
(多少加工してあります)
テンプレートはこちらからDOWNLOADできます

Download

zip解凍後フォルダ内のindex.htmlをブラウザで開けばCydia風の構成になっていると思います
Cydia Template2

■パッケージ内にサイトを埋め込む

続いてCydia内に表示されているパッケージに先ほどのテンプレートを埋め込む方法です
よくCydia内にページを開いてから数秒でスクリーンショットや広告が表示されるパッケージがありますよね?
DEBパッケージを構築したことのある方ならわかると思いますがあれはcontrolファイルにサイトのURLを記載するだけで簡単に表示してくれます
controlファイル内にDepictionというタグを追加します
例)

Package: com.NEXTi4HACK.ST2-jp
Name: Springtomize 2 Japanese
Version: 1.4
Architecture: iphoneos-arm
Description: Springtomizeの日本語化
Depiction: http://cydia.nexti4hack.com/css/ST2-jp.html <--ここ

これだけでCydiaのパッケージに自作のページを埋め込むことができます

ここでひとつ余談。。。実はブラウザで開くCydiaページとCydiaアプリから開くテンプレートは多少異なっています
よーく目を凝らして見ると色が少し違っています
BigBossのページに関しては違っているのがもろバレですね
Cydia Template3 Cydia Template4

その対策として配布したCydiaTemplateに改良コードを加えておきました

<!--
<style type="text/css">
    body.pinstripe {
        background: transparent;
    }
    img {
        margin: 9px 0 4px 0;
    }
</style> -->

この部分のコメントを外してください

<style type="text/css">
    body.pinstripe {
        background: transparent;
    }
    img {
        margin: 9px 0 4px 0;
    }
</style>

これをブラウザで開いてみると…
Cydia Template5

「なにこれ?真っ白じゃん!!」と思う方もいると思われますが実はこれは背景の”透明化”です
これを行うことで埋め込んだページでは背景やスタイルがずれることなく表示されます
Cydia Template6

Web/html/cssといった類は得意ではないので間違った記述や表現があればコメントしていただけると助かります
また、このテンプレートを使用する際には当ブログのURLと”このサイトを参考に”といったような記述をしていただけるとありがたいです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。