libgcc for iPhone Patch


iPhone 4S iOS 5.xでgcc環境を整える方法を紹介します

[過去記事:iPhoneでC言語 コンパイラ]
この方法でgcc環境を整えていましたがiOS 5以降同じように環境を整えても
stdio.h:No suchとでてコンパイルできませんでした

文字通りstdio.hが見つからないというエラーです。なので今回はincludeフォルダに
リンクを追加するパッケージを作成しました

■テスト環境

iPhone 4S 16GB iOS 5.1.1
iPhone 4S 32GB iOS 5.1
Jailbreak GreenPois0n Absinthe 2.0.4

■Install

まずは過去記事と同じように環境を整えるため以下のパッケージをインストールします
NEXTi4HACK.comのリポジトリを追加されてなければ以下のリポジトリを追加

http://cydia.nexti4hack.com/

追加後以下のパッケージを順にインストールします

  • libgcc for iPhone *NEXTi4HACKリポジトリ
  • GNU C Compiler
  • iPhone OS C/C++ Compiler
  • iPhone 2.0 Toolchain
  • libgcc for iPhone Patch *NEXTi4HACKリポジトリ

libgcc for iPhone

GNU C Compiler

iPhone OS C/C++ Compiler

iPhone 2.0 Toolchain

libgcc for iPhone Patch

これでiPhone単体でC言語のファイルをコンパイルすることができるようになります
バイナリを実行した際*Killed9と出る場合は著名チェックを回避してください

$ldid -S XXXX

#include<stdio.h>

int main(){
    printf("Jailbreak\n");
}

iOS 5以降でgcc環境を整えたかった方は試してみてください
また、エラー等が起きるようでしたらコメントお願いします

One thought on “libgcc for iPhone Patch

  1. iOS8でもつかえますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。