UbuntuをWindowsにインストール

HDDにとても空きがあったのでパーティションを組まずにWindowsにUbuntuをインストールする方法を行いました。
(ちなみにHDDにはWindows XPがインストールされていますが使用容量は30Gでした)


本来ならHDDにパーティションを組んでWindowsとLinuxをデュアルブートさせるのですが
Ubuntu 8.04以降からインストールディスクに
Wubiというものがついたため、WindowsがHDDに最初からインストールされていてもパーティションを組まずにマウス操作で簡単にインストールできるようになりました。
今回は9.10をHDDにインストールします。
(10.04があまり好きではないので)
インストールディクスを入れwubi.exeを起動します。
“Windows内にインストール”を選択
wubi
ユーザー名、パスワードを入力し、インストールサイズを指定します
wubi2
*インストールサイズはUbuntuの容量になります。
システムデータだけで5G強とられるので多めの方がいいです。
ここでの限界は30GBまでです。私は30Gにしました。
そして”インストール”をクリック
インストールが開始されます。
wubi3
ここでは必要最低限のファイルをコピー、設定するだけなので5、6分で終わります。
作業終了後、指示にしたがって再起動
wubi4
再起動後、OS選択メニューになります。
(表示されずに普通にWindowsが起動してしまう場合は起動時にF8を押しながら起動させてください)
Ubuntuを選択
後は自動で起動します。
一回目の起動はHDD内にしっかりインストールさせるため、10分くらいかかります。
削除の方法はWindowsからアンインストールするだけ、といったとても簡単な方法です。
C:/ubuntu/uninstall-wubi.exe
wubi5
うまくいかなかったりgrubのエラーがでてしまったとき、素直にやり直してみると2回目はうまくいったりしますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。