VirtualBox Mac OS X <準備編>

iPhone/iPod Touch/iPadのアプリを作成したい。
そのためSDKを使用したいがMac OS専用のため手がだせなかった
と言う人がいると思います。今回はMacOS対応になったVirtualBoxを使用してMac OS Xをインストールし、自作アプリを作成するまでの流れを記事にしたいと思います。


----------------------------------------–
*始める前に
Mac OSは本来MacPC(Macの製品)のみでの使用しか許可されていません
ライセンス上違反行為になるかと思われます
これはあくまで[実験]です。
くれぐれも実行は自己責任でよろしくお願いします
----------------------------------------–

今回は準備編
まずは必要なソフトウェアとファイルを入手してきます。
1.VirtualBox
2.Mac OS X Leopardインストールディスク(もしくはISO)
3.空のCD/DVD
4.SL Boot
5.empireEFIv1085.iso
それでは作業に入ります
1.最新版のVirtualBoxを上記からDOWNLOAD
インストール
VirtualBox1
インストールは特に特別な操作はありません
インストール後も自動で日本語表記になります。
2.VirtualBoxにゲスト作成と設定
VirtualBoxを起動し[新規]->次へ
VirtualBox2
OSのタイプはMac OS Xを選択
VirtualBox25
メモリを設定
VirtualBox3
*注意:メモリの値が大きすぎるとゲストOSが起動しないことなどがあります
動きが若干鈍いですが推奨されている1GB(1024MB)が無難です

仮想ハードディスクの作成
新規ハードディスクの作成を選択して次へ
VirtualBox4
次へ->可変サイズのストレージを選択
VirtualBox5
仮想HDDのサイズは標準20GBですが後にアプリケーション等を追加するので余裕を持って30GB~40GBほどにしておくとよいと思います
VirtualBox6
(iPhone SDKはインストールパッケージ2.9GB,インストールに使用する容量8GBです)
設定
設定をクリックし細かな設定をします(それほど細かくありませんが)
左のタブからシステムを選択
画像のような設定にしてください
VirtualBox7
続いてディスプレイ
VirtualBox8
そしてストレージですが少し変更します。
空を選択して右のタブからホスト ドライブ ‘?:’を選択して
パススルーにチェックをいれてください
VirtualBox9
ここで別の作業も行います
先ほどDOWNLOADしたSL BootをCDもしくはDVDに焼きこんでください
VirtualBox10
このisoはboot機能が入っています
USBbootに対応していないPCもこのisoをCDなどに焼きCDブートさせそこからUSBブートさせたりするために使用されたりします。
今回はMac OS X Leopardのインストール時に使用します
実はこのインストールディスクにはWindows機でboot可能なシステムファイルではありません
つまりディスクを入れて起動させても普通にHDDから起動してしまいます。
PC起動->DVD認識されない->HDDから起動
↓↓↓
PC起動->SL Boot使用->ディスクを入れ替えF5で更新->MacOSのアイコンが表示され起動可

ネットワークはブリッジアダプタに変更
名前は自分のPCに搭載されている無線LANチップおよびカードやLANケーブルを選択いしてください
VirtualBox11
USBは画像の通り
VirtualBox12
*またまた注意:USBは無闇に追加するとゲストOS起動中、そちらに認識を持っていかれてマウスが効かなくなったりと面倒なことが起きたりします
大まかなVirtualBoxの設定はこんなものです
設定終了後PCを再起動[BIOS]の設定に入ってください
*******重要です*******
この説明が一番変わりずらいですがVirtualBoxのゲストOS作成に伴い有効にしなければいけないシステム設定があります。それがBIOSと関係しているらしいです
私の場合
再起動->F2->BIOSの設定->Boot System->VirtualBox(スペルを覚えていませんがVから始まるそれらしくものを選択してください)->DisableからEnable(無効から有効)へ変更してください
準備はこれで終了です。
次回はインストール編です。
<準備編><インストール編><初期設定編>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。